個別指導によるマンツーマン予備校

ここ数年中高一貫の私立が増加し、また子供の学力格差の問題とあわせ、私立中高の受験生の増加が顕著になっております。公立高校においても大学進学率が念頭に置かれ、札幌南・旭丘高校への受験希望者が増加しております。

しかし、私立中学や私立高校、公立の難関高校への合格は中途半端な学習では歯が立ちません。中学受験は小学6年4月からスタートして約9ヶ月、高校受験は約9ヶ月から11ヶ月、大学受験も9ヶ月から10ヶ月を周到な学習計画を立てて取り組まねばなりません。また、このような中学・高校を目指す受験生は合格そのものが最終ゴールではありません。自分の将来の夢を実現させるために更に上のステップに進んでいくのです。

そのために、受験する中学・高校に合格するだけでなく、合格した後にも通用する知識や学習の姿勢を身に付けていかねばなりません。大学受験についても同様です。合格そのものがゴールではないのです。大学は『自ら学び知識を吸収する』場です。その勉強法を合格のための取り組みとあわせて身に付けねばなりません。

アルファ個別予備校はそのような課題を克服して個人個人に明確な目的意識をもたせ、中学受験・私立公立校受験・大学受験で第一志望校に必ず合格させるための個別のカリキュラムを提示・指導致します。目先の偏差値アップも大事ですが、アルファ個別予備校は子供たちが夢を実現できるために可能な限りのサポートを行っていきます。


小学生「学ぶ楽しさ」と「学ぶ習慣」

アルファでは家庭学習の習慣付けから、近年急速な変化をみせる私立中学受験まで幅広くサポート。生徒一人一人に合った勉強法を考え、「勉強は楽しいんだ」と自ら学習する意識の「芽」を伸ばす指導に取り組んでおります。これからのために、楽しみながらしっかりと各教科の基礎を固めて行きます。


中学生「意識」から「行動」へ

アルファでは、無駄を省いた効率の良い勉強方法を提案し、頑張った事が結果につながる喜びを体験してもらいます。高校受験を常に意識しながら、定期テスト対策・内申対策・弱点克服等個別指導ならではのあなただけの勉強法をしっかりと身に付けます。


高校生「目標」と「現実のギャップ」

志望校により、試験教科・傾向・レベルなどは異なるし、受験のカタチも一般入試・推薦入試・AO入試等様々。当然、一人ひとりに合った学習が必要になってきます。そこでアルファでは、学校の授業対策から難関大学入試対策まで、生徒の現状や弱点・模試の結果等をしっかり分析し、個別のカリキュラムを作成、完全サポート致します。目標と現実の距離がわかれば、「がんばり方」もわかります。大学受験には、「早めの対策」が重要。弱点箇所の早期発見はもちろん、志望大学の入試問題の対策と傾向、2006年度センター試験より開始されている英語の「リスニング」。

集団授業では見落としてしまいがちな生徒一人ひとりの「今」を、個別指導を通して決して見逃す事無く、成果と信頼を得て来ました。勉強方法も、苦手単元も、不安や悩みも千差万別。一つ一つ解決して行く事が、あなたと我々「アルファ」とを結ぶ、大切なキーワードなのです。