教育Innovation

今日、情報技術は高度に発達し、私たちの社会や生活も革命的に変化しつつあります。社会がグローバルに再構築されていくなか、人々の価値観も多様化の様相を呈しています。この激動のステージで自分らしく生きるため、活躍するために必要なのは、立ちはだかる問題を自らの目でしっかりととらえ分析し、方針を立て、行動・解決する力です。これらの力を変化し続ける社会の中で保つには学生時代にとどまらず、生涯にわたって学びつづける姿勢が重要になります。

私たちがこれからの私教育の役割で最も大切だと考えていることは、学習の主体である生徒に学ぶ意志と方法をしっかりと身につけさせる事です。
子供たちは優れた指導者との出会いや様々な学習体験の中で、知識吸収・問題解決のプロセスを身につけ、自己の能力や可能性を発見し、”感動”を味わいます。それは、未知の問題に挑戦する意志をきっと与えてくれるでしょう。

変わりつつある世界…教育も変わらなければなりません。


現状分析の重要性 苦手意識には、必ず原因がある。

得意・不得意はもちろんの事、得意な単元はなぜ得意なのか、不得意な部分はどこでつまずいているのか、本人がつまずいていないつもりなのに得点につながらない原因は?ある単元の得点率が30%なことにも、50%なことにも、90%なことにも理由は必ずあります。

指導スタート時のカリキュラム作成の段階や家庭学習のスタイルを提案する段階で、生徒の現状を見誤ると、その後の学習に致命的な影響が発生します。生活リズムや性格によっても適した学習法と全くの無駄…どころかその教科が嫌いになってしまうような学習法もあります。

スタート時の現状分析―個別指導の最も大切な、最も難しい部分です。実は…「うっかりミス」も分析をする上で非常に重要な要素の1つなんです。


私達が目指すこと 「結果」が次のがんばる原動力。

受験までの時間には限りがあります。「コツコツがんばること」も、もちろん大切な事ですが、同時に“結果”を求められるのも事実です。第一、一生懸命勉強してテストの点が少しだけ上がったとしても次も一生懸命になれるでしょうか?先にやった方がよいこと・後に回す事、学校の授業に向けた“予習”がその生徒にとって効果的な教科・単元/復習型でも短時間で仕上がる教科・単元、残された時間、繰り返す回数…。

無駄を省いて負担をできる限り少なくすることで、継続する力も湧いてきます。


効率の追求 学ぶ=楽しい。

アルファでは学校以外での学習法を徹底して研究しています。その結果たどりついたのが、現在の個別指導のスタイルです。思春期と言う非常に不安定な時期に、いかに無理なく効率よく学習を進められるか―シンプルですが、とても難しいこのテーマを「担任制」というシステムと「カリキュラムの工夫」で大きく改善しつつあります。国数社理英―5教科の世界は教科書の中だけの無味乾燥なものではありません。世界を読み解くキーワードがギッシリ詰まった鮮やかな、学問の入り口です。学習の流れがスムーズになり、理解が進んだ時の生徒の笑顔がその証です。