中学受験情報のページ
中学受験
中学受験で重要となってくる"情報"。ここでは各中学校の入試関係の情報や担当のプロ講師による傾向と対策を掲載しています。

札幌大谷中学校

教科型試験【特進・音楽・美術コース】

難問は少ない ミスに注意

国語は分量も内容も標準的だが、語彙の問題だけでなく、記述問題が増えているので練習が必要。
算数は標準的な出題だか、やや分量が多いので正確さと速さが問われる。

教科型試験【英数選抜コース】

記述問題が多いのでしっかり練習を

国語は語彙力はもちろん字数指定のない記述問題が出題されることもあるため、要約文を書く練習が必要。
算数は途中計算や考え方を書く問題が多いため、普段から計算過程を残す練習が必要。
社会は小学~中学レベルの問題が出題され、分量はやや多い。頻出する単元は中学レベルの学習が必要。 理科は難易度も分量も標準的な出題が多い。科学に関する時事問題も出題される。

適性検査型試験

中学受験ではなく、適性検査の学習を

適性検査Ⅰは分量がやや多い読解問題が出題されるので、読解の正確さと速さが問われる。
適性検査Ⅱは表現力をみる問題が中心なので、公立中学の適正検査の過去問などを参考に記述の練習が必要。



札幌大谷中学校 詳細情報
学校の特色 建学以来、仏教精神に基づいた心の教育を行っており、古くから情操教育の一環として日本の伝統文化を学ぶ機会が設けられている。どのコースも公立中学校と比較して国語・数学・英語については2倍近い授業時間がとられている。
募集人数

男女140名
 ├ 英数/英数選抜コース 70名
 └ 特進/音楽/美術コース 70名

入試科目 <英数選抜コース>国語、算数、社会、理科、面接
<特進コース>国語、算数、面接
<音楽コース>国語、算数、実技、面接
<美術コース>国語、算数、実技点検、面接
教育の特色 建学以来、仏教精神に基づいた心の教育を行なっている。また、中学からコース制募集をしており、どのコースも高校と直結している。コースの特色を生かしたカリキュラムを組み、個性の伸長をはかっている。
教育方針
教育理念
親鸞聖人の「み教え」を建学の精神として、素直な心でものごとを見つめ、すべての人や物を思いやることのできる心豊かな人に育つこと理念としている。
教育目標 ・学び知ることの楽しみを味わおう
・すなおな心で真実を求めよう
・身体をすこやかに鍛えよう
・限りなき恵みに感謝しよう
カリキュラム ・英数コース
・英数選抜コース
・特進コース
・音楽コース
・美術コース

●完全6ヵ年中高一貫 英数コース・英数選抜コース
難関大学進学を目指す。
●コース制6ヵ年中高一貫
  特進コース 音楽・美術コース
高校の普通科(特進・文理コ-ス)、音楽科、
美術科へ進み、大学・短大進学を目指す。
豊かな人間形成と確かな学力養成と 個性を伸ばすコース制 。


【 札幌大谷中学校 基本情報 】
住所:〒065-0016 北海道札幌市東区北16条東9
TEL:011-731-2451/FAX:011-741-4860
URL:http://www.s-ohtani.ed.jp/


資料請求やお問い合わせはこちらから

0120-971-471

受付時間 9:00〜22:00