「走れる」はOK!「食べれる」はNG?!~ラ抜き言葉~って何?!|中学生/国語

勉強コラム

テストテストテスト「走れる」はOK!「食べれる」はNG?!~ラ抜き言葉~って何?!|中学生/国語

可能動詞

すべての日本語には10個の種類に分類できます。この10個をまとめて『品詞』と言います。今日は「動詞」の話題です。動詞には動作や状態を表す言葉で「走る」「書く」「飲む」「思う」など言い切りの形(辞書に出ている形)が「る」「く」「む」「う」など 長く伸ばすと「ウ音」で終わります。動画は下につける言葉によって形が変化します。 例えば、「走らない」「走ります」「走れば」などで、この形が変化することを「活用」と言います。 さて、この動詞に可能(~することができる)の意味を加えると、 「ぼくは100mを9秒で走れるぜ!(2020年期待しています)」となります。この「走れる」は正しい言葉です。「走る」に「ない」をつけてみましょう。「走らない」となりますね。「ない」のすぐ左のひらがな「ら」は長く伸ばすと「ア音」です。 動詞にも「五段活用動詞」と呼びます。他にも「話す」→「話せる」「行く」→「行ける」「飛ぶ」→「飛べる」などなど。この五段活用動詞に可能の意味を加えた動詞を「可能動詞」と言います。ところが・・・